• ウォーターサーバー比較ランキング

粉ミルクをミネラルウォーターで作ってもOK?

粉ミルクをミネラルウォーターで作ってもOK?

赤ちゃんはとてもデリケートですので、お水の衛生面・成分なども気になりますよね。
みなさんが、赤ちゃんのミルク作りに使用している水は下記のようにたくさん種類があります。

・水道口に市販の浄水器を取り付けて使用する
・水道水を煮沸してカルキなどを飛ばし、冷まして使用する
・ペットボトルのミネラルウォーターを購入
・ウォーターサーバーをレンタルして使用する
・スーパーのお水を温めて使用する

「ミネラルウォーター」と一言で言ってもそれぞれに違いがあります。
含まれている硬度によってミネラルウォーターは『硬水』と『軟水』の2種類に大きく分けられます。

◆水1Lに溶け込んでいるカルシウム・マグネシウムの量◆
[硬水]120mg/lを超える
[軟水]120mg/l未満

赤ちゃんの胃や腸・肝臓にミネラル成分が負担となってしまうため、赤ちゃんにあたえても大丈夫なお水は軟水(ミネラル成分が少ないもの)です。

赤ちゃんのミルクなどに使用するミネラルウォーターを選ぶ時は、パッケージなどに書いてある硬度を確認してできるだけ硬度の低い軟水を使用するようにしましょう。

[注意]硬度300mg/l以上の水は使用してはいけません。


赤ちゃんには『純水』がより安心

 軟水でもミネラル成分(マグネシウムなど)が入っている商品もあります。
ミネラル成分が原因で赤ちゃんが下痢になってしまう事がまれにあります。
赤ちゃんに必要な電解質はミルクに含まれていますので、ミルクを飲む回数の多い赤ちゃんには純水(ピュアウォーター)がおすすめです。

[純水(ピュアウォーター)]
・不純物が一切含まれていないお水の事です。
パッケージに書かれている全ての含有量が0.00mgとなっています。

ミルク作りに役立つウォーターサーバー

ウォーターサーバーでは常時お湯を利用できますので、毎回お湯を沸かす手間がかかりません。
ミルクの温度を下げたい場合には、安心な冷水で薄めるだけと簡単ですよ。
赤ちゃんのお世話の中でも得に気を使うミルク作りが簡単にできると嬉しいですよね。
また、定期的にミネラルウォーターを買いに行くのはとても大変なものです。
まとめ買いをすると持ち運びが重くて大変ですし、子育て中は買いに出かける暇もなかなかありませんよね。そんなとき、ウォーターサーバーは強い味方になってくれます。
定期的に業者がボトルを届けてくれますし、市販の水を購入するよりもとっても経済的なので、家計を圧迫する心配もいらないのが嬉しいですね。
ウォーターサーバーを設置する場合は、軟水かどうか、お湯が出るかどうか、放射性物質などの検査はしっかりと行っているか、採水地はどこかなど、事前に細かくチェックすることが大切です。






最新の記事